五月 22, 2008

merm solomon

虽然和主题好像没关系,还是说一下俯瞰风景,先是dvdiso的情况,标题画面是动态背景,声音可选立体声或是5.1,special里只有一个剧场关手机cm.





看原著是两年之前,剧情细节已经记不清楚了,只记得三个人拼命聊天晒设定,聊完结束两仪式跑过去干掉了巫条雾绘.当时就对制作方将会如何处理那些对话感到好奇,也设想过几种方法,所以今天看到是风景+旁白形式的时候也没有特别的吃惊.50分钟长度的电影,注水算是比较严重;但是同时也有很多东西没有提到,没看过原著的可能不大好理解,比如直死魔眼等等之类.

其他方面:动作画面不错,不愧是小半个卖点(其他大半个卖点当然就是对型月厨的"暗示"了);两仪式单手吃哈根达斯的画面相当不错;结束时候的调情桥段很不错.黑桐鲜花这么早就出场十分不错.

=============我是分割线=============

在ddd出来的时候很多人以为迦辽海江就是merm,因为设定上相似的地方太多了,同样的十来岁美少年,同样的缺少四肢。不过从各个方面的信息综合来看,似乎到目前为止还不能十分确认。

merm在月姬读本pluspriod里和cm里出过场,前者是和ciel一起对付二十七祖思考林的短篇;后者有关于他和四大魔兽的设定。


混杂了一堆人名和名词,说实在的我自己也不是很明白到底怎么回事。不过我发现翻译能力不足的时候附上原文是个好办法,有能力的人看原文就行----没能力的就接受我的误导吧.


メレム・ソロモン(人名/死徒・異端審問官)

 Merm Solomon。
死徒二十七祖の20位にして埋葬機関の5位。王冠。フォーデーモン・ザ・グレイトビースト。古今東西の秘宝コレクター。四大の魔獣と呼ばれる架空の魔獣を作り上げる悪魔使い。奇異な色彩を誇る二十七祖たちの中でも更に一段際立つ異物として扱われる。


 指という指に指輪をはめている。外見は天使のような容貌の12歳くらいの少年だが、実際は1000年以上を生きている。なお少年の姿から成長できない。 ミハイル・ロア・バルダムヨォンやコーバック・アルカトラスと同じくもとは神論者だった。ソロモンというのは単にあだ名なので、ソロモン王とは多少の類似 性しかない。


    死徒二十七祖的第二十位,同时是埋葬机关的第五位。称号是王冠,フォーデーモン・ザ・グレイトビースト(four demon the great beast).古今东西的秘宝收藏者。创造了被称为四大魔兽的架空魔兽。就算在以奇异著称的二十七祖之中,也算是一个更上一台阶的异类。每个手指上都带着戒指,外表是一个具有天使般容貌12岁左右的少年,实际上已经生活1000多年了,但是始终维持着那副少年的模样无法成长。虽然名字里有个所罗门,但是似乎和所罗门没什么类似的地方。


 もともとは小さな部落で生まれたが、動物と心を通わせ、人の身勝手な願いを具現化する力を持った神子(星の端末)であった。そのため幼くして四肢を切断 されて人ならざるモノとして祭壇に祭られた。四肢を切断したのは神子は人のカタチをしていてはならないという信仰と、単純に便利な道具を逃がさないため。 アンリ・マユと境遇こそ同じだが、こちらは本物の神子であった。


  その状態が長らく続けばそれこそ生きながら神になっていたか、あるいは死ぬまで村人たちの慰みモノとして生涯を終えるかだったが、偶然通りがかった朱い 月に見初められる。人々の願望をカタチにする異能を愉快に思った朱い月は、村人たちに『夜が明けたら皆殺しにする、命が惜しいのなら汝らの願望で私を殺し てみよ』と宣言してゲームを開始。村人たちの死にたくないという願望は実に醜く強大で、それを実行に移すメレムへの負担もかまわずに次々と“都合のいい神 獣”を想像して朱い月に挑ませる。が、無論そんなものが朱い月に敵うはずもない。村人たちの願望は果てがないが、夜明けまであと少しというところでメレム が限界を迎えて死亡。村人たちはメレムと朱い月を呪いながら死んでいった。


 その後、太陽が昇りだした黎明時に朱い月は息絶えたメレムに口づけを与え、死徒として蘇生させてソロモンの二つ名を与えた。


 “戯れだ、好きに生きるがよい。己が手足の代わりなぞ、汝は幾つも描きあげてきたであろう。元となった願望は醜悪であったが、汝の描いた相は名画であっ た。―――あれほどの偶像ならば、汝の手足を担うに相応しいと想うのだが”という朱い月の言葉に魅入られたのか。メレムは『村人たちの信仰が作り上げた』 聖堂から四つの偶像を思い描き、彼らに自身の手足の能力を付加させ、初めて人型として地面に立った。


 以後、朱い月に憧れに似た感情を抱き、朱い月、つまりブリュンスタッドにのみ忠誠を誓う死徒となった。二十七祖が真祖側から離反し、朱い月が崩御したあとは隠遁を決め込んでいたが、なにを思ったか敵である聖堂教会に所属する。


 彼の能力はデモニッションという第一階位の降霊能力。具現化できるのは他人の願いであって自分の願いではない。いかに強力な能力を持っていようと自分一 人では何もできないというのがメレムの在り方。まさに悪魔のそれである。空想具現化に近いが、メレムの悪魔召喚は人々の願望をモデルにしてメレムの憧憬で 彩色し、類似品を作るというもの。


 悪魔たちの能力は人々のイメージに沿ったものだが、その造形はメレムのイメージによって形作られ、能力の大小はメレムの魔力によって変動する。またメレ ムはその性格上、現実的・打算的な悪魔の具現化は得意ではない。彼はあくまで空想の世界に生きるピーターパンなので、得意とする絵、描きたい空想は童話に 見るような悪魔なのである。

(这部分是character material里的内容,百岁美萝出过汉化版,比我翻译的好上七八倍的样子)

原先是在一个很小的部落里生活,能和动物进行心灵交流,拥有把他人的愿望进行具现化的能力,因而被人们当作神之子。也是因此在很小的时候就被切断四肢,被当作物品在祭坛里接受供奉。虽然说是出于"神之子应该和人类形态不同"的信仰,但是实际上大概还是因为这样道具不容易跑掉的缘故。和 アンリ・マユ是同样的境遇,但是merm是真正的神之子。


虽然说相当于神的存在,但是恐怕到死为止都是这样作为村民们的工具而已。结束他悲惨生活的是偶然经过的朱月,因为对将他人愿望具现化的能力很感兴趣,于是对着村民们放话“天亮之后我会把你们全部干掉,想活命的话就尽情的许愿把我杀掉吧”。村人们不想死的愿望既丑陋又强大,作为实行者的merm一次次的具现出“很能行的神兽”于朱月交战。但是,无论如何都不是朱月的对手。村民们的愿望无法实现,快天亮的时候merm使用能力过限死去,村民们一边诅咒merm和朱月一边迎接了他们自己的死亡。


然后,太阳升起的黎明时分,朱月给予没气的merm一吻,让他作为死徒苏醒,并且赐给他所罗门的名字。


“随自己的喜欢生活吧,代替自己四肢的东西,应该可以想象出来好几个吧。那些愿望本来丑恶无比,不过你脑袋中描绘出来的样子却像个名画似的。有哪些东西在,跳出几个当作手足的应该不是什么问题。”接受朱月的建议之后,merm从“村人们信仰所生成的”圣堂之中想象出了四个偶像,为他们附加了作为自身手足的能力,第一次以人身的形态站了起来。


之后,对朱月抱有类似憧憬的感情,成为了一个对朱月ブリュンスタッド效忠的死徒,二十七祖离反真祖,朱月崩御之后就隐遁世间,不知道在搞些什么变成了原先敌方的圣堂教会所属。


他的能力是最高级的降灵能力,被称为デモニッション,只能具现化他人的愿望而不是自己的。虽然具有超牛比的能力,但是只有一个人的话基本什么也干不了。能力近似于空想具现化,merm的恶魔召唤是以人们的愿望中的原型,加上merm所喜欢的彩色所组成的类似品。


恶魔们的能力是人们的想象的延伸,造型是根据merm想象所作出的,能力大小则是随着merm的魔力所变动。merm不擅长具现化现实的打算的恶魔。他就好像生活在空想世界的彼得潘,喜欢那种有童话感觉的恶魔。


ちなみに四大魔獣には名前がない。これは『悪魔に安易に名付けてはならない』という決まりからで、メレム自身もかっこいい名前をつけてやりたいらしいが、名前を付けてしまうと本当に自由になってしまうためできない。



 左腕の悪魔とメレムは固い絆で結ばれているが、意見の交換はネズミたちを介さないと出来ない。
 左腕の悪魔は戦闘能力は皆無だが人間であれば完璧に姿を模すという変身能力を持つため、これを年功序列制が根強い埋葬機関での身代わりの司祭にしてい る。右足は鯨のような巨大な獣だが、思考林アインナッシュに倒された。これは相性が最悪だったためである。魔獣を放っているときにはその部分が薄れ、魔獣 と共感できる。また、魔獣が倒されると四肢のその部分が破裂する。


 子供ゆえに極端に人が良いときもあれば極端に残忍なときもある。

   埋葬機関にいるのは教会が封印している秘宝の傍にいたいためだという。死徒にとっては裏切り者だが、なぜか黙認されている。埋葬機関は年功序列制が根強いため、本当の姿を知っているのは埋葬機関の中ではナルバレックとシエルのみ。


但是四大魔兽没有名字。存在“恶魔不能轻易得到名字”的想法,所以虽然他自己已经想出好几个很帅的名字,但是因为它们得到名字就会得到真正的自由而没有正式的命名。恶魔被具现化之后已经是属于现实,即使merm消失,它们还是会继续存在,但是merm的四肢是恶魔的能力,恶魔如果死亡,对应的肢体就会消失。


因为幼年的遭遇,有时候极端的对人好,有时候极端的残忍。

有传言说他是为了教会封印的秘宝才加入埋葬机关的。对于死徒来说应该是个叛徒,不知道为什么还是被默认在二十七祖名单里。埋葬机关里论资排辈的情况比较严重,所以经常让左手的恶魔化身为老年祭司来维持形象,知道merm真正样子的只有ナルバレック和ciel。


彼が唯一憧れ、恋した存在は朱い月のみであり、以後は月をモチーフにした想像はタブーとしている。


 無条件に死徒の敵であるアルクェイド・ブリュンスタッドに懐き、彼女の話をすると顔を赤らめて外見相応の反応をする。アルクェイドが金を通貨に変えたり飛行機のチケットを手配したりするのは彼の入れ知恵。逆にアルトルージュ・ブリュンスタッドを憎んでいる。


 グランスルグ・ブラックモアに対しては同じく朱い月を慕うものとして生涯の友というほどの親愛の情を持っているが、グランスルグからすればメレムの恋慕を交えた忠誠は我慢がならないものである。


因为作为唯一憧憬眷恋对象朱月的存在,他把以月作为动机的想象作为禁忌。


无条件的接近作为死徒敌人的アルクェイド・ブリュンスタッド,说起关于她的事情会脸红,アルクェイド在全世界旅行的钱和机票什么的都是他在安排。与之相对的是他讨厌アルトルージュ・ブリュンスタッド。


和グランスルグ・ブラックモア抱有同样怀念朱月的感情而成为一生的朋友那样亲密的感情,但是グランスルグ对merm混杂了爱慕之情的忠诚感到很看不惯。

发表评论