十一月 01, 2005

lesson 1101

”ふふ。先輩、そういうところくだおりますよね。みツリ先輩、エミヤは粗雑なクセに律儀すぎてうるさいつてよく言つてます。”
「呵呵。學長真的對這種事很介意呢。美綴學姊常說,衛宮雖然很粗心但卻太有禮貌的很囉嗦」

思い出すように微笑む桜。
好像想到什麼而微笑的櫻。

みツリよいうには桜が所属する弓道部の女主将で、なにかと因縁のある女生徒だつたりする。
說到美綴,是櫻所屬的弓道社裡的女主將,我跟她還蠻有緣的。
发表评论