十月 19, 2005

lesson 1019

それに藤村の爺さんは怖い人つてうか、元気な人である事は間違いないのだが、悪い人ではなかつたりする。
再說藤村家的爺爺,該說他可怕嗎,很有活力倒是無庸置疑啦,起碼他不是個壞人。
爺さんが趣味で乗り回しているバイクをチュ-ンナツプすると、とんでもない額の小遣いわくれるので助かるし。
只要我幫忙改造他的愛用的鐵馬,他就會給我超高金額的零用錢幫助我。
ともかく、そんな訳でこの広い屋敷に住んでいるは自分だけだ。
總之,就是因為這些理由所以這麼大的屋子現在只有我一個人住。
オヤジが死んでからもう五年。
老爸已經死了五年了。
月日が経つのは本当に早い。
時間過的真快。
その五年の間、自分がどれだけ成長できたのか考えるとため息が出る。
一想到在這五年間自己到底成長了多少就不禁嘆了口氣。
オヤジのようになるのだと日日修練してきたけど、現実はうまくいかない。
為了能像切嗣一樣我每天不停的修煉,不過現實卻不如我所想的那麼順利。
初めから素質がなかつたから当然と元えば当然なのだが、それても五年間まつなく進歩がない、というには考え物だろう。
雖說一開始就沒有天份會這樣也是理所當然的,不過竟然五年來都沒有一點進步,這就值得檢討了。
現状わ一言でいえば、理想だけが高すぎてスタート地点にちえ立てていない、といつたところ。
如果要將現狀用一句話來說,就是目標定的太高我連起跑線都還沒碰到。
”-------------------------”
いや、焦つてもいい事はないか。
「────────」
不、太過著急也不是好事。
とりあえず、今は出来る事わ確実にこなしていくだけだ。
總而言之,現在要把能作到的盡量練的純熟。
さて。
とりあえず、今やるべき事といつたら------
總之,現在該做的事是────

1.桜の手伝いわしに行こう。
2.いつもの日課を済ませてしまおう。

发表评论