十月 17, 2005

lesson 1016

"----さて。今日も一日、頑張つて精進しょう”
「────好。今天一天也要好好努力」
ぽん、と土蔵に手を合おせ、屋敷へと足を向けた。
啪地一聲,我在倉庫合了個掌,往屋子的方向走去。

土蔵から屋敷に向かう。
我從倉庫朝屋子的方向走去。
このエミヤ邸は、町外れにある武家屋敷だ。
這間衛宮邸,是市區外的一間武道館。
オヤジは町の名士だつた訳でもなおのに、こんな広い家を持つていやがつた。
老爸也不是這區裡的名門貴族,竟然會有那麼大間的房子。
それだけでも謎だつていうのに、エミヤオヤジには日本に親戚がいないらしい。
雖然這樣就很謎了,但衛宮切嗣在日本好像沒有任何親戚。
だから親父死んだ後、この広い屋敷は誰に譲られる事もなく、なし崩し的に養子である自分の物になつてしまつた。
所以在老爸死後,這間屋子沒有其他人接手,接著就自然而然的變成我這養子的東西。

だがまあ、実際の話、俺にそんな管理能力はない。
不過說實在的,我也沒有可以管理的能力。
相続税とか資産税だとか、そういつた難しい話は全て藤村の爺さんが受け持つてくれている。
像繼承稅還是財產稅什麼的,像這類複雜的事全是藤村叔幫忙搞定的。

发表评论