九月 27, 2005

lesson 0927

深呼吸をして頭切り換える。
冬の冷たい空気は、こういう時に役に立つ。
寒気は寝不足で呆つとした思考を、容赦なくたたき起こしてくれた。
作了個深呼吸讓頭腦清醒。
冬天寒冷的空氣在這個時候就很派的上用場。
寒風能把因睡眠不足而遲鈍的思考給毫不留情的打醒

.....目の前には後輩である間桐桜がいる。
ここは家の土蔵で、時刻は午前六時になつたばかり、というとにろ。
……在眼前的是我的學妹間桐櫻。
而這裡是庭院裡的倉庫,時間則是才剛過六點。

”........先輩?”
「……學長?」

”ああ、目が覚めた。ごめんな桜、またやつちまつた。
朝の支度、手伝おないといけないのに。”
「啊啊,我清醒了。抱歉,櫻。我又睡過頭了。明明得早起幫忙準備早餐的。」

”そんなのいいんです。先輩、昨夜も遅かつたんでしょう?なら朝はゆつくりしてください。朝食の支度はおたしがしておきますから。”
「沒有關係的。學長昨天也很晚睡吧? 那麼早上學長就別這麼累了,早餐我會準備好的」

弾むような声で桜ほ言う。
櫻用輕快的口氣的說著

....珍しい。本当に、今朝の桜は元気があつて嬉しそうだ。
……真稀奇。今天的櫻這麼有精神,好像很高興似的。
发表评论