九月 24, 2005

lesson 0924

1月31日 fate/stay night 1 one day i

.....音がした。
……有聲音。

古い、たてつけが悪くて蝶番も錆びて無闇に重い、扉が開く音がした。
老舊難開的門加上門上生鏽的鉸鏈造成的重量,傳來了開門的聲音。

暗かつた土蔵に光が差し込んでくる。
光線射進了黑暗的倉庫。

”-------つ”
「────唔」

眠りから目覚めようとする意識が、
正打算從睡夢中清醒的意識

”先輩、起きてますか?”
「學長,你醒了嗎?」

近ついてくる足音と、冬の外気を感じ取つた。
感覺到接近自己的腳步聲和外頭的冬天氣溫。
发表评论