九月 16, 2005

lesson 0916

以来、俺はそいつの子供になった
在那之後,我便成了那個人的孩子。 

その時のやりとりなんて、実はよく覚えていない
其實那個時候的對話我也記的不是很清 楚。 

ただ事めるごとに、親父はその思い出お口にしていた
只是每次有什麼事時,老爸就會說出了這 段回憶。

照れた素振りで何度も何度も操り返した
伴隨著不好意思的表情一次又一次地重複 著

だから父親------衛宮切嗣という人間にとつて、そんなコトが、人生で一番嬉しかった事なのかも知れなかった。
所以這對父親────衛宮切嗣這個人來 說,那段回憶,說不定是他人生 中最高興的一件事。 
发表评论