九月 11, 2005

lesson 0911

とにかく、ひどい火事だったのだ
總之,那真的是一場很嚴重的火災。 

火事場から助け出れた、気が付いたら病室にいて、両親は消えていて、体中は包帯だらけ
從火災現場中被救了出去,醒來就待在病 房裡,雙親不見了,身體包滿了 繃帶。 

状況は判らなかつたが、自分が独りになつなんだ、という事だけは漠然と分かつた
雖說不知道是什麼情況,不過我模糊地了 解到,自己變成一個人了

納得するのは早かつたと思う
我想我接受的很快。

...その、周るにはは似たような子供しかいなかつたから、受け入れる事しか出らいなかつただけなのだが
…… 因為,周遭全是跟我相似的孩子們,我也只能接受事實吧。

---で、それあと
────在那之後。

子供心にこれからどうなるのかな、なんて不安に思つていた時に、そいつはひょつにるやつてきた
因為那時還不懂事,正為了以後不知道會怎麼樣而感到不安 的時候,那個 人就突然出現在我面前。
 

包帯がとれて自分でご飯が食べられるようになつた日に、その男はやつてきた
繃帶拆掉,能自己進食的那天,那個男人 來了。

しねいきさやの背広にボサボサの頭
皺巴巴的衣服加上蓬鬆的頭髮。 

病院の先生よるさよつとだけ若そうなそいつは、お父さんよいうよりお兄さんとい感じだつた
比醫院裡的醫生還要年輕一點的這個人, 與其說像是爸爸不如說像是哥哥 的感覺。 

”こんにちは、君が士郎くんだね?”
「你好啊。你就是士郎吧」 

白い陽射にとけ込むような笑顔
像是滲入白色陽光般的笑容。 

それはなまらなく胡散臭くて、とんでもなく優しい声だつなと思う
我想那聲音實在和藹到讓人沒辦法不去質 疑是不是裝出來的。
发表评论